(様式2)

 

平成29年度〜平成33年度 社会福祉法人 光彩会 社会福祉充実計画

 

 

1.基本的事項

 

法人名

光彩会

法人番号

0971

法人代表者氏名

理事長 佐藤 光平

法人の主たる所在地

東京都町田市南町田1−3−48

連絡先

042−720−8423

地域住民その他の関係者への意見聴取年月日

 

公認会計士、税理士等の意見聴取年月日

 

評議員会の承認年月日

平成29年6月17日

会計年度別の社会福祉充実残額の推移

(単位:千円)

残額総額

(平成28年度末現在)

1か年度目

(平成29年度末現在)

2か年度目

(平成30年度末現在)

3か年度目

(平成31年度末現在)

4か年度目

(平成32年度末現在)

5か年度目

(平成33年度末現在)

合計

社会福祉充実事業未充当額

 

5690

1190

190

 

 

 

 

0

 

うち社会福祉充実事業費(単位:千円)

 

4500

1000

1000

1000

1000

8500

 

本計画の対象期間

平成2971日〜平成34331

 

2.事業計画

 

実施時期

事業名

事業種別

既存・新規の別

事業概要

施設整備の有無

事業費

1か年

度目

施設整備事業

社会福祉事業

新規

大型遊具等の購入

3500千円

リフレッシュ休暇事業

社会福祉事業

新規

職員の処遇向上と保育の質の向上

1000千円

小計

 

2か年

度目

リフレッシュ休暇事業

社会福祉事業

新規

職員の処遇向上と保育の質の向上

1000千円

 

 

 

 

 

 

小計

 

3か年

度目

リフレッシュ休暇事業

社会福祉事業

新規

職員の処遇向上と保育の質の向上

1000千円

 

 

 

 

 

 

小計

 

4か年

度目

リフレッシュ休暇事業

社会福祉事業

新規

職員の処遇向上と保育の質の向上

1000千円

 

 

 

 

 

 

小計

 

5か年

度目

リフレッシュ休暇事業

社会福祉事業

新規

職員の処遇向上と保育の質の向上

1000千円

 

 

 

 

 

 

小計

 

合計

 

   欄が不足する場合は適宜追加すること。

 

3.社会福祉充実残額の使途に関する検討結果

 

検討順

検討結果

@ 社会福祉事業及び公益事業(小規模事業)

園児の保育環境の向上と事業継続のための保育士の雇用継続と職場環境の改善により魅力ある職場づくりの取り組みを行うこととした

A 地域公益事業

実施しない

B @及びA以外の公益事業

実施しない

 

4.資金計画

 

事業名

事業費内訳

1か年度目

2か年度目

3か年度目

4か年度目

5か年度目

合計

施設整備事業

計画の実施期間における事業費合計

3500千円

 

 

 

 

 

財源構成

社会福祉充実残額

3500千円

 

 

 

 

 

補助金

 

 

 

 

 

 

借入金

 

 

 

 

 

 

事業収益

 

 

 

 

 

 

その他

 

 

 

 

 

 

 

事業名

事業費内訳

1か年度目

2か年度目

3か年度目

4か年度目

5か年度目

合計

リフレッシュ休暇事業

計画の実施期間における事業費合計

1000千円

1000千円

1000千円

1000千円

1000千円

 

財源構成

社会福祉充実残額

1000千円

1000千円

190千円

 

 

 

補助金

 

 

 

 

 

 

借入金

 

 

 

 

 

 

事業収益

 

 

 

 

 

 

その他

 

 

810千円

1000千円

1000千円

3170千円

 

 本計画において複数の事業を行う場合は、2.事業計画に記載する事業の種類ごとに「資金計画」を作成すること。

 

5.事業の詳細

 

事業名

施設整備事業

主な対象者

児童

想定される対象者数

90

事業の実施地域

 

事業の実施時期

平成2941日〜平成30331

事業内容

園庭大型遊具の整備

保育園の看板の設置

事業の実施スケジュール

1か年度目

施設を整備する

2か年度目

 

3か年度目

 

4か年度目

 

5か年度目

 

事業費積算

(概算)

遊具 300万円

看板 50万円

合計

3500千円(うち社会福祉充実残額充当額3500千円)

地域協議会等の意見と

その反映状況

 

 

 

 

事業名

リフレッシュ休暇制度

主な対象者

職員

想定される対象者数

40

事業の実施地域

 

事業の実施時期

平成2941日〜平成34331

事業内容

勤続年数に応じて職員に連続した1週間の休日を与え、手当も出すことで充実した余暇を過ごし、仕事への活力なり、職場への定着へと繋がる。

 

休暇をとるにあたっての大体の職員配置に係る人件費

事業の実施スケジュール

1か年度目

職員5名程度のリフレッシュ休暇

2か年度目

職員5名程度のリフレッシュ休暇

3か年度目

職員5名程度のリフレッシュ休暇

4か年度目

職員5名程度のリフレッシュ休暇

5か年度目

職員5名程度のリフレッシュ休暇

事業費積算

(概算)

リフレッシュ休暇手当 50

代替職員の人件費50

 

50万+50万)✕5年=500

合計

5000千円(うち社会福祉充実残額充当額1830千円)

地域協議会等の意見と

その反映状況

 

 

 

 本計画において複数の事業を行う場合は、2.事業計画に記載する事業の種類ごとに「事業の詳細」を作成すること。

 

6.社会福祉充実残額の全額を活用しない又は計画の実施期間が5か年度を超える理由